ガラスの修理

割れてしまったガラスは、ばらばらに飛散して辺りに散乱するか、粉々になって細かく散らばります。こうなってしまったガラスは如何に高価で品質の高いガラスと言えども役目を果たしたと思って処分するほかありません。

また、ヒビが入った程度なら自分で補修するという人もいます。
ある程度ガラスの知識がないと怪我をする恐れもありますし、うまく処置を行うことが難しいと思います。さらにきちんとした道具を用意する必要もあります。割れそうなガラスは不安定ですので、繊細な作業ができ、なおかつ厚手の手袋があれば良いと思います。

ガラス修理のツールとしては、粘着性の高いテープ類や、接着剤が効果的だと思います。どちらも大きなホームセンターなら比較的安価で手に入りやすいです。また、接着剤は車のフロントガラスのヒビなどに使うカー用品のものがおすすめです。

ただし、最終的なひび割れたガラスの処理は、やはり専門のガラス修理屋さんに依頼する事が一番でしょう。最近では昼夜問わず、電話ひとつで30分くらいで来てくれるお店もあるので、すぐに直したい時でも非常に心強いです。おすすめのガラス修理のお店はこちらから探すことができます。念のため電話依頼する時は割れたガラスの種類や使っていた場所、ガラスの厚さ、たてよこの寸法などを伝えておくとガラス屋さんも仕事に取り掛かりやすいのでおすすめです。